技術の証

建設機械は英語ではConstruction equipment、重機とも呼ばれます。略して建機と呼ばれるのが一般的です。土木作業や建築作業の現場で使われるのが一番一般的な活躍の場です。

建機がここまで発達し、普及したのは日本では高度経済成長の時代のことです。戦後の復興を遂げて先進国の仲間入りをするために日本は各地に大きな道路を整備し、高層ビルを建設しました。この作業で建機が大活躍して技術も発展していったのです。
建機が日本の社会資本の整備に貢献した役割は大きいと言われています。

ひと通り発展を遂げた日本では今は建設作業や道路の整備などは一段落しています。むしろ公共事業などのコストを削減するようにという機運が高まっています。そのために重機の利用はレンタルが増えてきています。実に国内の重機の需要の50%以上がレンタルの活用になってきているようです。
今後はさらにレンタルの活用が進められるのではないかと考えられます。レンタルのほうが合理的で機械の経費を削減することができるからです。

また、日本の技術が世界の発展途上国では必要とされています。土地の整備や社会資本の確立、さらには地雷撤去の作業などにも使われることがあるそうです。技術はみんなで共有していける形のものにしたいですよね。






What's New

2013/02/06
耳より情報3を更新。
2012/11/09
耳より情報2を更新。
2012/10/09
耳より情報を更新。
2012/06/18
パワフルを更新。
2012/06/18
いろんな作業を更新。
2012/06/18
特徴を更新。
2012/06/18
概要を更新。
2012/06/18
レンタルの建機でOKを更新。
2012/06/18
ホームページリニューアル

Recommend Entry

低コストで

何も工事をするからと言って建機を購入していては大損です。というかそれほど大きくない企業にとってはレンタル建機が当たり前!無駄な出費は控えましょう!

建機をレンタルする

まあそういった職業でなければ恐らくレンタルすることも無いでしょうけど、建機も色々とあるもんです。レンタカー気分で乗ってみるのもいい勉強になるかも?

知り合い

俺の知り合いはクレーン、ショベル、ブルドーザーなどの重機を運転することができるんです。すごく羨ましいです。自分の小さい時からミニカーで遊んでいたし・・・。最近では重機もレンタルらしいですね。

RECOMMEND SITE