オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
September 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
療法士

icon_title 作業療法士について

作業療法士とは、Occupational therapist(略称:OT)といい、リハビリテーションを行うコメディカルスタッフの一員である。
医師の指示の下に「作業療法」の業を行う者のこと。
作業療法士は心身に何らかの機能低下を呈している者に対し、日常生活活動(ADL)や意味のある作業を用いた作業療法を行う。
それにより、心身の安寧を図り、対象者の生活の質(QOL)の向上を図ることを目的としている。
また、必要に応じて徒手的な治療を用いたり、住宅改修などの環境調整を行ったり、福祉用具の提案、作成を行うこともある。

言語療法士について
言語療法士とは、Speech-language-hearing therapist(略称:ST)といい、リハビリテーションを行うコメディカルスタッフの一員である。
医師の指示の下に「言語療法」の表を行う者のこと。
言語療法士は言語機能や聴覚機能、摂食・嚥下機能に何らかの機能低下を呈している者に対し、評価・訓練・指導を通して言語療法を行う。
それによりコミュニケーション能力の向上や、食べることなど口腔機能全般に関わる治療を行い、対象者の豊かな生活の実現を目的としている。

求人について
作業療法士と言語療法士の求人は主に医療機関に多くみられているが、その他、保健・福祉機関や教育機関にも多くの人材が必要とされている。
近年では介護現場での需要が増え、老人保健施設やデイサービス、実際にサービスを必要とされている方の自宅へ出向く訪問リハビリテーションなどでも活躍の場が増えている。
作業療法士・言語療法士ともにリハビリテーション領域としては最も新しい国家資格を有する専門職であるため、今後ますます需要が高くなる職種でもある。

ハワイの空港

icon_title 募集について

作業療法士とは、身体や精神に障害を持った人に対して日常生活動作の訓練等を行う職業です。
数十年前は、国の政策で小規模な専門学校で教育を行っていました。
しかし、近年の高齢化社会でリハビリテーション専門職が数多く必要とされたことで、私立の専門学校が急増しました。
ところが、肝心の受け皿となる就職先はほぼ埋まっているのが現状です。
また、作業療法士とは言っても業務内容は理学療法士と同じようことを求められることがほとんどです。
体力勝負ですから、若い人が求められます。

言語療法士の募集は
言語療法士と言う職業は、元々は先天的・後天的な障害によって言語や聴覚が不自由になった人に対して言語訓練を行う職業でした。
国家資格として認められたのはごく最近で、小児の施設や学校・病院が主な職場でした。
ところが、嚥下機能の専門家として認められ始めたのをきっかけに各職場でも必要性が高まっています。
作業療法士や理学療法士と協力して業務を行うこともあります。
また、これまで作業療法士が行っていた高次脳機能訓練の分野でも専門性を発揮しています。

医療関係の求人なら
医療関係の職場は、養成校の増加でほぼ飽和状態となっています。
また、医療制度改革の度に診療報酬が下げられるということもあって、最小限度の人数で最大限の利益を得ようという職場も多いのが現実です。
また、理学療法士と比べると作業療法士や言語療法士が求められる現場は少ないものです。
ですから、求人が出ると同時に、条件が良いところほど先に埋まってしまいます。
もし、就職や転職を考えているのなら、求人サイトをこまめにチェックして先手を打つことです。